髪を守るためにしていること

髪の毛の為にしている事

私は10代の頃日替わりで髪色を変えたりもしていてかなり髪が傷んでいました。

 

そのせいか最近はヘアカラーもせず黒髪をいかに綺麗に伸ばせるか努力しています。まず髪を洗うシャンプーはサロン専売品と謳ったものをインターネットで購入しています。毎日の事だし、髪を洗う時にテンションを上げる為にです。洗ってすすいだ時の髪感触、香り、自分が気に入ったシャンプーをいくつかピックアップして飽きないようにローテーションを組んでいます。

 

コンディショナー兼トリートメントもシャンプーと同ラインで揃えることが多いです。そして髪を丁寧に乾かします。ドライヤーはたまたまプレゼントされたものを使用しているのですが、ナノイーが出てくるいいドライヤーです。タオルドライの時も髪を擦るようにして乾かさず、タオルでポンポンと叩いて乾かしています。

 

そして完全に乾く前に洗い流さないトリートメントをつけて最後の仕上げをしています。永らく染めていないので、髪はシャンプーだけでいいくらいツルツルです。以前染めていた時はダメージだらけでシャンプー後の軋みが気になっていました。目指せツヤツヤ黒髪ロングです。

 

髪を守ってあげること

 

私は、生まれながらに髪の量が多く、小学生の頃は「ヘルメット」なんてあだ名で呼ばれていた位でした。
しかも洒落っ気に欠ける女子であったため、髪はドライヤーもブローもアレンジもせず、たまに少し髪色を変える程度でした。
それが、20代半ばのある頃、そんなぞんざいな扱いを受け続けた髪との向き合い方ががらっと変わる事件がありました。

 

当時、ストーカー事件と仕事のストレスが重なった為か、私は若くして多発性の円形脱毛症になりました。
髪への関心も薄く、量が多い自分にはあまりに無縁な病気だと思い込んでいたこともあり、会社の上司に指摘された頃には
かなり進行した後で…5,6箇所大きなハゲができてしまいました。

 

30代となった今でも完治しているとは断言できないのですが、美容院にもやっと行けるようになったこの数年間、そして今、
私が髪と向き合い、髪の為にしていること。
まず、レーザー治療を受けに行った病院の医師のアドバイスにならい、洗髪時のシャンプー・トリートメントの使用頻度を
改めました。円形脱毛症の発症要因の1つとして、洗髪剤が毛穴に詰まることが若い女性に多いそうです。
医師からは、シャンプー・コンディショナーは週1,2回で十分と言われたのですが
それはさすがに憚られ…2日に1回、お水だけで洗い流すようにしました。

 

それから、寝る前のドライヤー。正直、面倒なのですが…いざ乾かさずに寝るのと乾かしてから寝るのとでは
抜け毛の量が明らかに違ったので…暫くしたら習慣になる、と言い聞かせて日々ドライヤーをかけました。
私が髪にしていることは、あっけないかもしれませんが、たったこの2つです。
ですが、周りから「髪つやつやですね」と言われることもあります。

 

まず、基本をしっかり守って、髪を強くしてあげてから、次のステップに進むのが一番ではないかな、と思います。